官能小説家になりたいは18歳未満の方は閲覧出来ません

官能(アダルト・ポルノ)小説を方言で読む
★18歳未満および高校生の方は閲覧できません★

メイドコスプレ翔子03

「んん・・・あ・・・。」

ぐちゅぐちゅと指を出し入れすると、翔子があえぎはじめた。

クリトリスも指で刺激しながら、アソコに入れる指も増やす。

「ああ、もうぐちゅぐちゅになっちゃったね。」

「ああ・・・あっ・・・。」

アソコは指をしめつけて、物足りなそうにしている。

「ペニスを入れて欲しかったら、ご主人様のペニスをお入れくださいって言って?」

指を動かしながら、気持ち良さそうな翔子の顔を眺める。

清純そうな翔子がメガネをかけたまま、髪を乱して、メイド姿であえいでいる姿は何度見ても興奮する。

翔子は真っ赤な顔で俺を見て、

「馬鹿ぁ・・・。」

と小声で言った。

指の動きを大きくしながら、

「言わないと、ずっとこのままだよ?」

というと、翔子は横を向きながら、

「ご、ご主人様の・・・ペ・・・ニスをお入れ・・・ください・・・。」

と小声で言うのだった。

「たっぷり入れてあげるよ。」

翔子が最後の言葉を言うと、すぐに、硬くそそり立ったペニスを翔子の中に突き刺した。

「ああぁ・・・・ん・・・。」

翔子は衝撃に体をのけぞらせる。

奥まで入れたところで、涙ぐんでいる翔子にキスをした。

舌を絡めているうちに、ちゅぶちゅぶと唾液がしたたりおち、ペニスを咥えこんでいるアソコも緩んできた。

キスをしたまま、ゆっくりと動き出すと、翔子のふさがれた唇からあえぎ声が漏れはじめる。

「はぁぁ・・・あぁ・・・ふぅ・・・。」

唇を離して、翔子の膝の下に手を入れ、翔子の足を肩に抱えあげた。

さらに奥までペニスを入れると、悲鳴のような翔子の嬌声があがる。

「ああぁぁ・・・あうぅ・・・あん・・・。」

何度も何度も翔子の最奥にペニスを打ちつけ、翔子のアソコがぎゅうっとしまったところで、どぴゅっと大量の精液を吐き出した。

関連カテゴリー: コスプレTB(0)

官能小説家になりたい:カテゴリーリスト

SM / 陵辱 / 乱交 / のぞき / アナル / コスプレ / オナニー / 膣内射精 / 野外露出 / 女性視点 / フェラチオ /